メラビアンの法則とは? 本当の意味を勘違いしないでね

ビジネスの場などで耳にする機会が多いのが「メラビアンの法則」ではないでしょうか。一般的な解釈では人は話の内容よりも見た目の印象が大事といった意味合いに思われがちですが、正しいメラビアンの法則では実はちょっと違います。
正しいメラビアンの法則について説明していきたいと思います。

1、メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則といえば、「言語情報は7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%」というような話を聞いたことがあるのではないでしょうか。アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが提唱したもので、矛盾したメッセージに対して人間がどのように受け止めるのかを実験を用いてまとめたものとされています。

人間でのやりとりの中に矛盾が発生したときに、どの情報を最も参考にしたのかを計測したものです。その結果が「言語情報は7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%」になり、非言語コミュニケーションが大事だと考えられるようになったのです。

2、メラビアンの法則でも見た目は大事

メラビアンの法則で覚えておいてほしいのは、まず言葉や話し方・表情が矛盾していたという前提があるということです。この条件が抜け落ちてしまい、人は見た目が一番だと考えられるようになってしまったのです。確かに見た目の重要性は確かですが、メラビアンの法則が示しているのはこれではないんです。

メラビアンの法則は矛盾を感じさせないことにあります。

例えばいくら革新的で前向きな内容を述べていたとしても、見た目が真逆の印象では人の心には響きません。逆に悲観的な話をしているのに、明るく笑顔で話したら悲しい気持ちが伝わらなくなります。人間は視覚の印象はやはり大きなものですので、身だしなみを整えたり主張に対してマイナスになるような印象は避けたほうがいいのです。

3、メラビアンの法則の注意点

メラビアンの法則は、発信者がどちらにも取れるような発言をしてしまったとき聞き手は身体言語などの視覚情報を頼ることを証明したものです。そのため全てのコミュニケーションにおいてメラビアンの法則が該当するものではありません。
これを理解していないと、メラビアンの法則を間違えて使ってしまったり上手く活かせなくなってしまいます。何かを相手に伝えたいなど単純なコミュニケーションではこの考え方が該当しないことを覚えておいてくださいね。

5、まとめ

メラビアンの法則について説明しましたが、あくまでも表情や話し方・仕草に矛盾があるときに使える方法です。あくまでも相手の考えていることを知りたいときに参考にする程度にすることが大切です。そうはいっても見た目は相手に与える影響は大きいのでどんなときでも最低限の身なりはしっかりと整えておきましょう。