ウォルト・ディズニーを成功へと導いた観方:ディズニー・ストラテジー

NLPは多くの著名人・有名人に影響を与え成功者のモデリングになったと言われています。そんな成功者のなかに誰もが知っている「ウォルト・ディズニー」がいます。ディズニー映画やディズニーランドなど、日本のみならず世界的にも有名な方ですね。そんなウォルト・ディズニーが世界中から愛されるようになったのか、NLPの視点から検証したものを「ディズニー・ストラテジー・モデル」です。

1、ディズニー・ストラテジー・モデルとは

ディズニー・ストラテジー・モデルはロバート・デュルツ氏が検証したものです。成功者のモデリングとしても知られており、活動の幅を広げたい人にも向いています。誰でも1人のなかに3つのポジションを持っていると考えられています。まずはその3つのポジションについて説明します。

1. ドリーマー(夢想家)

夢を見ている人のことで、非現実的なことばかりを話しています。このポジションにいると一見無理に感じることであってもなんでも実現できてしまいます。欲しい物があればなんでも手に入りますし、実現したいことがあれば行動あるのみ。ウォルト・ディズニー自身がこのドリーマーだったので、夢のようなことばかりを話していたとも言われています。まさに無敵ともいえるポジションとしても知られています。夢の数はどれだけ多くてもいいですし、明らかに実現できないものでも問題ないのです。

2. リアリスト(現実家)

戦略的に行動する現実的な人です。夢や目標を達成するためにはどうしたらいいのかを常に考え行動します。そのために具体的にいつまでにどんな行動が必要なのかを考えることのできる人です。計画的でスケジュールを立てるのに向いています。ドリーマーの夢に対して「その夢を叶える為にはどのぐらいの費用がかかるのか?」何が必要なのかをどんどん広げていきます。

3. クリティック(批判家)

批判的な人が位置するポジションになり、分析しチェックする為の人です。「そんなに夢見がちだけど、本当に実現できるの?」「そのための準備はできているの?」など建設的な観点から批判することによって夢をより現実的にするものです。

3つのポジションのどれもが悪いわけではありません。実はそれぞれのバランスが大切で、自分が今どこのポジションにいるのかを正しく認識する必要があります。主観的な物の見方になってしまいがちですが、客観的な判断力も必要です。例えばいつでも夢見がちな発言ばかりをしていても、リアリストやクリティックな一面がないと、物事を成立させることはできません。逆に常にリアリストでいると、現実的すぎて夢を見ることがないので自分の人生が楽しくなくなってしまうかもしれません。

人間はどうしても偏ったものの仕方になるので夢見がちの人もいればなんでも現実的になってしまい、自分の目的を見失ってしまうのです。

2、ウォルト・ディズニーはどうやってディスニー・ストラテジーを作り出した?

ウォルト・ディズニーはドリーマーの部分が強く、たくさんの夢を語り現実を直視し批判していきました。その日によってさまざまな人格が出てくるので、昨日までは壮大な夢を語っていたはずなのに急に現実的になるなど、まわりにいる人は振り回されてしまうことが多かったそうです。だからこそ、現実離れした夢の世界を実現することができたのです。

また、このディズニー・ストラテジー・モデルを実際に会議に取り入れたことでも知られています。ウォルト・ディズニーだけに限らず、創業者はまさにドリーマーが多いのだと思います。会社員など企業に勤めていると、どうしてもドリーマーの部分がかけやすく現実ばかりを追うことになってしまいます。現実はこうだとか、上司の意見を尊重しなくてはいけないなど現実を大事にしてしまいます。そのため視野が狭くなり革命的な発想が出てこなくなってしまうのです。置かれている立場によっても3つのポジションの出方が違うのです。

また会社の経営者など上に立つ立場の人であれば、会社の社員を3つのポジションに分けてみてそれぞれの得意分野を洗い出すのもいいかもしれません。例えばドリーマーだけでは会社としては不十分ですし、リアリストやクリティックの人も必要ですね。個人単体でバランスをとるのかによっても変わりますし、組織でバランスを保つならそれぞれのポジションの人も考えなくてはいけません。

3、まとめ

ウォルト・ディズニーがどうやってディズニーを生み出したのかを考えると、「なるほど!」と思える部分が多いのではないでしょうか。きっとたくさんの夢を次々に生み出していくことに長けていたのだと思います。だからこそディズニーに行くと誰もが夢の国として楽しめるのです。そんなディズニー・ストラテジー・モデルはビジネスの場でも取り入れられますし、友人や家族などさまざまな場面で活用できます。大切なのはぞれぞれのバランスですので、それぞれ意識しながら考えてみてくださいね。