身体に現れる特徴:アクセシング・キューは視覚だけで相手の考えていることがわかる!

相手の目の動きを見れば何を考えているのかわかると言われたことはありませんか?
NLP心理学ではこれを「アクセシング・キュー」といい、テクニックの一つです。このテクニックは仕事だけでなく日常生活でも使える技法となります。アクセシング・キューとは具体的にどのようなものなのか、実践、注意点なども含めて説明していきます。

1、アクセシング・キューとは

人間の視線が五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)に連動することを利用して、相手の気持ちを読み取るためのテクニックです。もともとアメリカの警察やFBIでも使われている実用性の高い技法としても知られ、映画の交渉人でも使用されていて知られるようになりました。

日本では「視線解析」と呼ばれています。アクセシング・キューはビジネスで交渉が必要になったときなど、実際に目の前にクライアントがいて絶対に決めたい商談など効果的なアピールを行うことができます。

アクセシング・キューは相手の目の動きから脳が視覚・聴覚・体感覚のどこにアクセスしているのかを分析します。アクセシング・キューは20歳までにほぼ確立すると言われていて、その後は変わることがないと考えられています。

アクセシング・キューの考え方は難しいと思われがちですが、それを理解していると相手が今何を考えているのか、もしくは過去の何かを思い出しているのかを視線だけで判断できるのです。

視線の動きはさまざまな種類がありますが、基本的なアクセシング・キューの考え方を覚えておけば十分に相手の気持ちを読み解くことができます。

2、アクセシング・キューで覚えておきたい視線の動きとは?

アクセシング・キューについては、相手になにか質問をしたときに視線の動きがどこに行くのかによっても変わります。視線は上下に動くこともあれば左右に動くこともありますね。たくさん読み方があるので少しわかりにくいかもしれませんが、一般的に多い読み方について説明します。

1. 視線が上に動く

人間が視覚のイメージにアクセスするときは視線が上に動きます。

2. 視線が下に動く

体でなにかを感じているときは、視線は下に動きます。

3. 視線が左に動く

聴覚などの音を思い出すときは目は左右に動きます。また左側は一般的には、「構成」や「想像」を思い出すときに動きます。また同じ左だとしても上だと記憶された視覚のイメージになり、左下に動いたときは内的対話だと言われています。左に水平に動かしたときは「記憶された音」とも言われています。

4. 視線が右に動く

聴覚などの音を思い出すときはもちろん、「記憶」や「想起」をしているときに動きます。右上に視線が動いたときは構成された視覚イメージ、右下だと触覚と体感です。右に水平に動かしたときは「構成された音」とも言われます。

3、アクセシング・キューの具体的な取り入れ方

アクセシング・キューの実践方法としてですが、例えば相手と話をしているときに視線が上ばかりにあるとします。その相手は視覚からの情報を優位にインプットする傾向にあります。

そのため、どんなに工夫してわかりやすく話をしても、相手にはなかなか届かないことがわかると思います。もしできるのであれば、数字やグラフ・画・イラストなど視覚で伝えられる手段を用いて相手に伝えるほうが効率良く話も進みますね。

また会話中に視線が左右に何度も動く人の場合は、話をするときに記憶にある言葉や記憶を思い返しながら話をする人です。そのため難しい言葉や専門用語を並べて話すよりも、噛み砕いてわかりやすく話したり、日常的な会話で伝えるほうが相手にとっても理解しやすくなります。

仕事での取引先はもちろん友達や家族との会話でも視線を見ると「あ、今話しをしても理解できないな」とか「話に集中していないな」などがわかると思います。

話をしてもなかなか伝わらないとき、相手も同じような感覚に陥っていることもあります。そのためお互いの信頼関係を築くためにも相手の視線を読み解き、今何を考えているのかをしっかりと考えたうえで会話を続けたほうがいいのです。

最初は難しいかもしれませんが、視線の動きに慣れれば読めるようになります。また、何度も会っている相手のほうが、視線の動きも読み解きやすくなりますよ。

4、アクセシング・キューの注意点

アクセシング・キューでは、右利きの人は先程紹介した一般的なパターンに該当することが多いのですが、左利きになるとその反対になるパターンもあります。(左利きでもそうでない人もいます)

そのため、あくまでも多い傾向の目の動きとして判断すること、その人の利き腕によっても変わることを覚えておくようにしてくださいね。また、初対面で判断するのは難しいので何度か会って会話をしていくなかでわかることもあります。

5、まとめ

アクセシング・キューを使えば、相手の心理が読み解きやすくなるので今考えていることがわかりやすくなります。さまざまな場面で活躍するはずですよ。