信頼関係を築く

相手との信頼関係を築く為に、必要なことはなんだと思いますか。
職場でも学校・家族などさまざまなシーンで相手を信頼できていないと意味がありません。例えばリーダーが指示を出すときに、その言葉を信じ受け入れ実行するにも信頼できない人とは成立しません。人の上に立つ人は自分から部下にコミュニケーションを取ることも必要ですし、何度も会話を重ねていくことで信頼関係が生まれると考えられています。

1、コミュニケーションはキャッチボールが重要

信頼関係を築く為にまずは会話を通してコミュニケーションを構築していかなくてはいけません。なかにはコミュニケーションを取るのが苦手…と思っている人もいるかもしれません。伝えているつもりが逆効果になってしまったり、ときに違った意味に取られてしまうなど思っている以上に難しいものです。

コミュニケーションで覚えておいて欲しいのが、会話は常にキャッチボールであるということです。1対1で向き合うことによってコミュニケーションが成立します。どちらかが一方になってしまうと、会話とはいえません。キャッチボールはボールを投げれば戻ってきますし、そのボールをまた投げて戻ってきてを繰り返します。

コミュニケーションを取る為には、お互いに向かい合う姿勢を持たないと実現しません。ただ一方通行で話をしている人もいますが、コミュニケーションではないのです。

2、コミュニケーションで覚えておきたい約束事

コミュニケーションでは必ず覚えておきたい約束事(ルール)があります。

  1. キャッチボールを始める意思を持つこと
  2. キャッチボールをすることをお互いに同意している
  3. 会話を続けることに対して同意しており、感情的になっても続けること
  4. 直面で向き合うコンフロンテーションでありのままを映す
  5. 近すぎず遠すぎない適度な距離感を保つ
  6. 今何を考えているのか自分の考えと向き合いコミュニケーションをとる

会話は、これらの約束事を守ってはじめて成立するものです。
相手の同意なく話しはじめてしまったり、相手と向き合っていないままの会話はコミュニケーションではありません。適度な距離感を持つのは家族など身近な相手でも重要です。

2、コミュニケーションは完了させること

コミュニケーションはキャッチボールと説明しましたが、投げたままボールが戻って来ない状態を「未完了」、投げたボールが投げ返されて戻ってくると「完了」です。完了までできてはじめてコミュニケーションが成立します。どうして会話が未完了で終わってしまうのでしょうか。

さまざまな要因が考えられますが、会話に対して間髪入れずに投げ返してしまったり、間隔がバラバラ、沈黙を受け入れられないなど「不適切な間」が関係していることもあります。あなたも誰かと会話していて、心地よい話ができない相手だなと感じたことはありませんか。

話の途中で遮ったり、自分の話ばかりしてしまったり…。また提案をしたのに答えが返ってこない「返事がない」状態も未完了を引き起こします。

また、話をしているときに「同意」ではなく「評価」ばかりを加えてしまっていませんか。否定的な意見のように聞こえてしまい、話す意欲がなくなってしまったり自己主張で返すしかなくなってしまうのです。会話では同意が重要です。他にも相手の話は最初から最後までしっかりと話しを聞く、肯定的な部分を見つける必要があります。

3、コーチングで覚えておきたいアクノレッジメントとは

コーチングのアクノレッジメント(認める・承認)とは、相手に対して興味を持っています、関心があり見ていますよというのを伝え、共有する方法です。高い信頼関係を築く為には、自分に対してしっかりと向き合ってくれているのかは重要なポイントになります。

相手におきたちょっとした変化・成長・成果にいち早く気付き言語化します。アクノレッジメントは、相手に対して事実を伝えるものなので、なんでも称賛したり褒める目的ではありません。相手を評価する場合、良し悪しが出来上がってしまいせっかく提示してくれたメッセージを素直に受け入れられなくなってしまうのです。

肯定的な言葉で相手を認めてあげること、たくさん言葉にすることで受け入れてもらいやすくなります。

また、アクノレッジメントを相手に伝えるときは「I」「YOU」「WE」のそれぞれの立場からのメッセージを受け取ります。置かれている立場が違うのですから同じでは効率的とはいえません。例えば「I」は自分にとっての事実をそのまま伝えるもので、受け取りやすいメッセージとしても知られています。

YOUは一番一般的なもので「あなたは最後までやりとげましたね」が該当します。WEは相手との距離を近づけるものになり、「あなたがしたことはわたしたちにはこんな影響を与えます」を伝えます。

4、アクノレッジメントを効果的に取り入れる

アクノレッジメントについてちょっと難しいかな…と思ってしまう人もいるかもしれません。毎日のちょっとした成果や行動に対して気遣いやねぎらいの言葉をかけるだけでもアクノレッジメントに該当します。

職場では、「仕事ができるようになったね」とか「効率よく仕事ができるね」など相手の成長を促す効果もあります。アクノレッジメントをかけてもらうだけでモチベーションを保つことにも繋がりますし、相手に気付きを与えることにもなるのです。

5、まとめ

会話はキャッチボールであることを認識しなくては、思い通りの結果になることはありません。アクノレッジメント等を取り入れながら、信頼関係を築くコミュニケーションを心掛けてくださいね。