コーチングを練習しよう!

グループディスカッション方式でコーチングスキルのトレーニングを行うことを「コーチングエクササイズ」といいます。コーチ役とクライアント役、その他はオブザーバーとして參加します。いずれも重要な役割を担うものになり、それぞれに気付きも多く身につけるべきコーチングの練習方法です。

1、コーチングエクササイズとは

コーチングの基本的なルールを踏まえて行います。約5分程度の時間で行われますが、なかにはコーチによっても違いがあり10分~15分程度行うこともあります。

コーチングエクササイズではコーチの役割として「プレ・コーチング」「聞くこと」「質問」「リクエスト」「アクノレッジ」「振り返り」のすべてを満たす必要があります。

テーマを明確にしていないとエクササイズで有意義な時間とは言えませんので注意してくださいね。エクササイズの最後は必ず、振り返りで終わりこの流れを5分として考えていきます。

コーチングエクササイズでは多くの人がオブザーバーになりますが、振り返りの時間ではすべての参加者に対してフィードバックする時間もあります。オブザーバーだからと話に參加しないのではなく、参加者としての意識を持つ必要があります。

フィードバックするときのスタンスとして覚えておいて欲しいのが「正直」「短文、前置きなし」「批判や評価、忠告は控える」「自分の感じたことを話す」「メッセージは1つ」を意識します。フィードバックを批判的な意見を述べる場所と勘違いしないようにしてください。あくまでも“外界に向けて発信していることに対して返す”が正解です。

2、コーチングのロールプレイとは

コーチングエクササイズではロールプレイも重要になります。参加者が実際に自分のテーマをもとにコーチング体験をするのですが、シナリオのような決まった台本があるわけではありません。

そもそもロールプレイとは、ある役割になりきって行う体験学習のようなものでこれからコーチングを行ううえでの練習段階ともいえます。ロールプレイは、クライアントに対して新しい視点をもたらすことにもなりますし、どんな問題を抱えているのかを明確にする役割もあります。

クライアントにとってもフィードバックを通して新しい気付きを与えることにもなるのです。ただしロールプレイはあくまでも30秒~1分程度の短い時間で問題ありません。

ロールプレイにもさまざまな方法があり、コーチがクライントになりクライアントがシナリオのなかで第三者になりきります。立場が変わると客観的な視点で見ることができます。

他にも、クライアントが恐れている最悪のシナリオを想定してロールプレイをすると、一度経験したことは不安や恐れを軽減させます。ロールプレイの最後には必ずどんな気持ちになったのか、どんなことを感じたのかを確認します。

3、コーチングの目的を明確にし意図を見失わない

コーチングエクササイズをしていると、想定外の展開や結果になってしまうことがあります。なかには相手に伝えたいと思っていたことに対して誤った内容で伝わってしまうことも少なくありません。自分が何の為にコーチングをしていたのかがわからなくなってしまっては、クライアントの行動を促すことはできません。コーチ自身が本来の意図を見失ってしまうことに原因があります。

コーチの立場としていかに影響力が強く行動や言動がクライアントの人生に関わるのかを理解しなくてはいけません。このことを常に意識して慎重に対応することが求められます。もしコーチングエクササイズでうまくいかなくなってしまったときは、一度自分に意識を向け質問をしてみます。

「本来の目的は何か?本当は何を達成したかったのか?」など。コーチングエクササイズはリハーサルのようなものですが、実際にクライアントに対して犯しやすい問題を知り身につけていきます。例えば焦点にずれが生じている場合や、もともとのコーチングスキルが弱い、コミュニケーション不足や自分本位の考え方など、失敗した原因が必ずあるはずです。

また自分の価値観を相手に勝手に当てはめてしまっていたり、決めつけが原因でコーチングの失敗になっていることもあります。

4、質問例

行動に焦点を当てて、目標に対してサポートしていきます。
そのための質問例です。

1. ゴールを明確化にする質問例

「あなたの理想の状況はどうなることですか?」
「過去や現在のことをまったく考えないで、ゼロから未来のイメージを創るとしたら?」
「あなたの手に入れたい結果はなんですか?」
「目標を達成したときのイメージを聞かせてください」

2. 現状の明確化のための質問例

「実際にやってみてどうでした?」
「今の状況を詳しく教えてください。」
「うまくいっていることは何ですか? うまくいかなかったことは何ですか?」
「これまで解決するために何をしましたか?」
「ここまでやってきて気づいたことは何ですか?」

3. ゴールと現状のギャップに焦点を当てる質問例

「どのようなギャップがあると思いますか?」
「やった方がいいのに、やれていないことは何ですか?」
「やめた方がいいのに、やり続けていることは?」
「目標を達成するのに必要なリソースは何ですか? スキルは?」
「曖昧にしていることは何ですか?」

4. 行動を決定していくための質問例

「あなたの行動計画を教えてください。」
「いつ、どこで、だれと、どのようにやっていきますか?」

5、まとめ

コーチングエクササイズはコーチングの本番に向けての練習のようなものであり、さまざまなケースを想定して行うことによってイレギュラーなコーチングでも対応できるようになります。またクライアントだけでなく自分がコーチングをしたときの弱みを知ることで本番でミスをしたり方向性がわからなくなってしまうのを防ぐことにも繋がります。

コーチングはコーチ自身の実力によっても変わりますし、クライアントが行動に移せるかどうかが決まります。そのきっかけを与えサポートできる存在がコーチのあり方です。決して誤った決めつけや価値観で接してはいけませんし、本来の目的を見失ってもいけません。クライアントの為にできることを増やし、コーチングの技術を高めてくださいね。