カウンセリング・マインド

カウンセリングを通して人と関わる上で覚えておきたい言動・行動など心構えのことを「カウンセリング・マインド」といいます。カウンセリングは、簡単なものではなくクライアントの話を聞いたり、情報の提供を通し気付きを与えサポートしていく必要があります。

さまざまな想定外の事態が起きることもありますし、どんなときでもカウンセリング・マインドを持って人と接することが求められるのです。

1、カウンセリング・マインドの基本

カウンセリング・マインドは、相手に対して何かを強いるような発言や考え方をするものではありません。一言で説明すると、カウンセリングの考え方や姿勢を大切にして人との関わりを持つことをいいます。カウンセリングのスキルを使うのではなく、考え方等を日常生活のなかで活かしていくことです。

例えば「私の話を聴きなさい」のようなスタンスではなく、「あなたの話が聴きたい」「あなたの気持ちを教えて欲しい」など相手の気持ちに寄り添うことが大切です。

またカウンセリング・マインドの基本として覚えておいてほしいのですが、

  • 相手の話を簡単に理解していると思わないこと
  • 相手の話のペースを大切にすること
  • 相手に答えを提示するのではなく引き出すこと

以上を意識して会話を続ける必要があります。

簡単に理解しないこととは、相手の話をしっかりと話しをする姿勢を大切にすることです。カウンセラーとして経験を積んでいくと、すぐに相手が何を話したいのか理解してしまいます。するとわかったつもりになってしまい、ついつい口を出してしまうことも。

すぐに理解していると思わずに、まずは相手の話を聴くことがカウンセリングの基本です。

また、相手のペースに合わせるというのは、あくまでもあなたが聞き役に徹するということです。相手に気を遣わせて話をするのではなく、心の奥深くにある悩みや感情を話してもらいやすいように引き出すのがカウンセリングです。

クライアントは話をしているときに、カウンセラーに対して気を遣ったり笑わせる必要はありません。泣いていても怒っていても話してくれることに意味があるのです。

2、カウンセリング・マインドはどうして必要なのか?

そもそもどうしてカウンセリング・マインドが必要なのか気になりますよね。誰でも取り入れられる考え方になり、どんなときでも「あなたの話を聴きたい」というスタンスになると、相手の気持ちを引き出すことができ、たくさん会話をしてくれるはずです。

相手を受け止める・尊重するなど「受容の姿勢」を意識することによって、承認欲求を満たすことにも繋がります。これは誰もが持っているもので「自分のことを認めて欲しい」「評価して欲しい」という気持ちの現われです。

なかには相手の気持ちを受け止められないケースも出てきます。例えば犯罪を犯してしまった人に対して「辛かったんだよね」と何でも共感すれば問題の解決に繋がるわけではありません。

どうしてその犯罪を犯してしまったのか?その行為事態は悪いことであるのを伝えなくてはいけません。なんでも相手の考えを受容すれば良いものではなく、ときにはダメなことはダメと伝える姿勢も重要なことです。

3、まとめ

ただカウンセリング・マインドをの意識を持ち日々の生活を送っていけるとすれば、人間関係のトラブルを減らせると思いませんか。相手を尊重する姿勢や行動ができるかどうか?それは家庭や職場・友人関係などの狭い範囲ではなく国さえも変えていくものだと思います。

困っている人がいれば「どうしたの?なにかあったの?」そんな声がけが自然とできるようになれば、もっと平和で調和の取れた世の中になっていくのではないでしょうか。