No.76 ディズニーランドから学ぶ注意の仕方

私たちが日常で使う言葉には、相手の心に大きな影響を与える力があります。

特に、注意や指摘をする際の言葉遣いは、その後の関係性やコミュニケーションの質に直結します。

多くの人が「〜するな」「〜やめろ」といった否定語で注意することが一般的ですが、それが相手にどのような感情を与えるか考えたことはありますか?

ディズニーランドでは、こうした否定的な言葉遣いとは一線を画し、肯定語を用いて訪問者との関係を築いています。

この記事では、ディズニーランドが行っている注意の仕方をご紹介いたします。

ディズニーランドから学ぶ注意の仕方

相手に注意するとき「〜するな」「〜やめろ」などの否定語を必ず使いますが、否定語で注意されると、悪いのが自分でも不快になります。

否定語を受けると、人は自分が悪いと感じ、反発心を抱くことも少なくありません。これは、人の心理的な防御反応としての自尊心やプライドが傷つくからです。

実は「ディズニーランド」では、否定語ではなく肯定語を使って気持よく行動を促すことを実践しています。

例えば、喫煙場所以外でタバコを吸っていたら、「ここでタバコを吸わないで下さい!」ではなく、「あちらでタバコはお吸いになれます」笑顔でアプローチします。

また、通行禁止の場所を通ってしまったら「ここは通らないで下さい!」ではなく、「あちらから通行できます。」優しく案内します。

言われた人の気持ちには大きな差が生まれますよね。

ディズニーランドでの実践例からもわかるように、肯定語を使った言葉がけは、相手の気持ちを考慮したものであり、受け手はそれを感じ取ることができます。

「〜しないで下さい」「〜出来ません」という否定語を言わずに、肯定語のプラスの言葉がけの積み重ねがあるから何十年も人気が続いているでしょう。

まとめ

ディズニーランドの魅力的なコミュニケーションは、否定語ではなく肯定語を中心にした注意の仕方にあります。

この手法は、相手に安心感や信頼感を与え、積極的な行動を促す効果があることを学びました。ビジネスの現場でも、この肯定的な言葉遣いを取り入れることで、より円滑なコミュニケーションが実現可能です。

こちらの記事もおすすめです↓

相手に厳しいことを伝える時、嫌われたり関係が悪化したりしない方法を知りたいですよね。そんな時に役立つ魔法のフレーズがあります。この記事では、その効果や具体的な使い方をご紹介します。自信を持って厳しいことを伝えるための...
人とコミュニケーションをする際、自分の意図する方向に相手を導きたいと考えることはよくあります。しかし、相手に無理やり意見を押し付けると、相手に不快感を与えることがあります。そこで、相手が自分から意図する方向に進むよう...