「家族で言葉を共有しよう!プロジェクト」第3回:人が本能的に求める2つの欲求

前回は、我が家の家訓をご紹介させていただきました。

私たちの、行動基準となる信念・価値観のほとんどは、
おおよそそのご両親から一番影響を受けているといわれています。
心理学では、両親の価値観、考え方のクセ、好き嫌い、
自我の状態などの無意識の状態がものすごく子供に作用しているということです。
そういう行動をしてしまう背景のものを良くも悪くも両親から強力に浴びせられるからです。

ほとんどの人が気がついていない人間の根源的な欲求は、
目標・願望を達成することではないということをご存知ですか?
良い大学に入っても、一流企業に勤めても、お金もちになっても
幸せ感がないのは、もっと影響のある欲望があるからなのです。

誰もが切望しているそれは、「自己重要感」です。
認められたい。そっちの方が欲しいわけですね。
あなたが友人だと思っている人は、
あなたが認めてくれていると思い込んでいる人でもあるともいえるわけです。
よくある自己重要感は、褒められること、ねぎらいを受けること。
究極の自己重要感は、あなたの存在そのものを無条件に認められること。

それよりも、人間の本能にはさらに深い欲求があります。
それは、「自分の居場所」です。
どこかに所属していたいという欲求です。
何かの組織にいつまでもしがみつきたいのもそのためです。

今の家族は、昔のように大家族ではなく核家族化しています。
両親は、共働きで仕事に家事に忙しい。
そうすると、子供に対して無関心になりがちです。
子供は、家族の一員だと感じていたいし、思われたい。
褒められたり、何より認めてくれる居場所が欲しい。
また、非難されたり、文句ばかりいわれたりして、
自分を認めてくれずに、自分の居場所を失いかけているケースもあります。

どちらにせよ、その2つの欲求が満たされないと、
「それが欲しいよ~」といういろんなメッセージやら不可解な行動を
親にしていきます。

それからいうと、
反抗期と呼ばれるような、子供が勝手におかしくなるという行動は存在しないのです。
あくまでも、夫婦間のコミュニケーション、親子のコミュニケーションの結果でしかないのです。

現代の心理学の中にこういう言葉があるのでご紹介します。

●あなたが、相手から受取った反応が、あなたのコミュニケーションの成果である。
●子供は、両親の影響を無意識的に受け取って信念・価値観を作る。

そして、子供は、両親を仲良くするための行動を、
無意識に良い子か悪い子になって行うということです。

耳が痛くなりますね。
ある統計によりますと、ガンは遺伝ではなく、家族習慣病だという説もうなずけます。

私たちが行っている行動の本質は、家族に対しても、
会社の上司に対しても部下に対して、恋人に対してもまったく同じ現れ方をします。
なぜなら、あなたの行動を行うためのプロセスつまりクセは、
ほとんど変わらないからです。

話は少しずれるかもしれませんが、「世界最大の組織は何ですか?」と質問されたら、「地球人類」だと答えるでしょう。また、世界最小の組織は何ですかと質問されたら、「家庭」だと答えます。

さらに付け加えてこんな回答を行うはずです。
世界最大の組織は地球人類、世界最小の組織は家庭・・・・そして、その間にある、会社、自治体、県、州、国も含めたすべての本質的なものは相似形だと、答えます。
では本質的なものとは何なのかというと、ヒントは家族の営みに凝縮されます。
子育てをイメージしていただければいいと思います。

生まれてすぐに赤ちゃんが抱かれるのはその母親です。

大切に抱きしめられ、母乳を飲ませ、そして、愛情をいっぱい降り注ぐのではないですか?
赤ちゃんや子供にとって最も必要なものは、ルールよりも安心して暮らすことのできる環境、何かあっても必ず守ってくれる存在。いわゆる目にえない無条件の愛、母性的なものです。
そして子供が大きくなるにしたがって、人と関わっていかくために必要ルールというものを教えていくのではないでしょうか?

以前は家訓というものがあって、地震・雷・火事・親父といって、頑固オヤジがルールの要になっていたものでした。
今は、フレンドリーな親子が増えている時代です。
長所もあれば、短所もあります。
フレンドリーな親子でもちゃんと、家庭の中でルールや方針みたいなものがあればいいのですが、そこもあいまいにしてしまうと、大変なことになっているような気がしています。

いわゆる、父性的なものです。ルールとか秩序とか信念とか意志とかです。

でも不思議ではありませんか?

とても仲の良い家族に見えているのに、実際はそうではなかったり、逆に、いつも怒鳴ったりする親でも子供がすくすく育ったり、いろいろと言葉では説明がつかないこともあると思いませんか?
この違いを、あえて言語かすると、夫婦間の信頼関係と子供に対するスポンサーシップが本物であるかどうかだと思います。

このように、組織の本質は、家族の営みにそのヒントが隠されてあります。

安心・安全な環境である母性的なものと
強い意志が作用している秩序・ルールなどの父性的なものなのです。
世界最大の組織は地球人類、世界最小の組織は家庭・・・・
そして、その間にある、会社、自治体、県、州、国も含めたすべての本質的なものは相似形。

すべての組織が相似形でアナログのように密接に関連しているのならば、私たち自身バランスをとり、まず調和のとれた家庭を築いていくと、関わる回りの人から幸せを感じていけるはずです。

ぜひ、みなさんも「家族で言葉を共有しよう!プロジェクト」にご参加ください。