No.13 会話が弾み、相手に良い印象を与える質問方法

会話が弾むことは、コミュニケーションを行う上でとても望ましいことです。

そして、その会話が相手に良い印象を与えることができると、より深いコミュニケーションができるようになります。

そこで、この記事では、会話が弾むだけでなく、相手に良い印象を与える質問方法をご紹介します。

会話が弾み、相手に良い印象を与える質問方法

会話が弾むことは素晴らしいことですが、相手に良い印象を与えることができれば、会話を更に深めることができます。

そこで今回は、「質問しながら相手を褒める」という質問方法について詳しく説明します。

この方法の具体例を挙げると、以下のようなものがあります。

  • 「どうして○○さんって、スタイルがそんなにいいのですか?何か秘訣でもあるのですか?」
  • 「どうして○○さんって、いつも笑顔でいられるんですか?何か心がけていることってあるんですか?」

このような感じで活用します。

これらの質問は、相手を褒めつつ、質問をする形式になっています。
有名人のインタビューなんかによく使われていますよね。

相手を褒めるだけなら、「そんなことないよ」という謙遜の一言で終わるケースが多くなりますが、質問という形式にすることで、相手は自分に対する褒め言葉に耳を傾けるだけでなく、答えを返したくなる状況が生まれます。

そうすることで、会話のキャッチボールもできて、会話も弾むわけです。
また、褒める相手を嫌いになるわけもありません。

ただし、相手を不快にさせるような褒め言葉は避ける必要があります。
例えば、

  • 「○○さんって、すごく綺麗ですね。私なんか、全然綺麗じゃないです」
  • 「あなたは、本当に天才すぎてこまります。私なんかまったくダメなのに…」

相手を誉めすぎたり、自分を貶めるような表現は、相手にとっては不快なものになったり、逆効果になる場合もあるため注意してくださいね。

褒められることは誰もが欲していることですから、この方法は相手との会話を弾ませ、良い印象を与えることができます。

是非、相手とのコミュニケーションを深めてみてください。

まとめ

相手を褒めることで、会話が弾み、相手に良い印象を与えることができます。

相手を褒めるだけではなく、質問という形式にすることで、相手は答えを返そうとするため、自然な会話が続くようになります。

あなたにとって大切な人に対して、会話が弾むだけでなく、相手との関係性をより深めるためにも、質問に褒め言葉を織り交ぜながら会話をすることを意識してみましょう。

こちらの記事もおすすめです↓

日々の生活のなかで、部下や後輩が思い通りに動いてくれずミスや作業に遅れが出てしまったり、友人関係でも伝え方一つで距離ができてしまうなどさまざまなことでうまく行かない葛藤に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。思い通...