劣等感をもっていても大丈夫、人間が持つ10の知能

Teach to Learn.

以前、うちの子供がまだ中学生の頃、勉強が思うようにできず、試験の結果もあまりおもわしくなく、いろいろ泣き言をいっていたことがあった。周りの友達はみんな頭がいいのに、なんで自分だけは、なんてこんな感じだった。

周りの友達は勉強していないっていっている割にテストの点は良いものだからしょげていた。勉強していないっていう割に、テストの点がいい人、試験後の答え合わせのときに熱弁をふるう人っていた。(笑) 時代は移っても、やってる行動はたいして変わらない。

ちなみに、私は、親から一切勉強しろと言われなかった派である。勉強というのはたぶん、教科書を見たり、ノートに書きうつしたり、問題集をやったりして、教科書の中身を理解して覚えて、テストで良い点数をとることだと思っていた。 現実、私はあまり勉強はできなかったし、興味がないものは頭には入らない性質のようだった。たぶん子供も遺伝しているのだと思う。だからよくわかる。

ある先生はこうおっしゃっている。
「勉強とは、できないことができるようになること」

この言葉にはとても共鳴した。
なぜなら、学校の勉強以外に、できるようになりたいことが山のようにあるからだ。そして、それも勉強ということになるのだ。まるで目から鱗だ。

じゃあ、学校は何なのだっていう話しだ。
点数で人にランク付けしやがって・・・これは私のひがみ。

ちなみに、僕や息子のように、言語的知能や数学的/論理的知能が低い(笑)場合の有効な学び方のひとつは、人に教えること、人前で話させることがいい。人に教えるということは、頭できちんと整理しておかなくてはできないからだ。

例えば、子供であれば今日受けた授業の内容を、私や妻に教えるようにするのだ。
これを3か月間続けた。

結果、パラパパッパパ~(ドラクエ風)
言葉を話せる能力が2上がった
理解力が2上がった
会話力が2上がった
自信が1ついた・・・LPが10上がった

こんな感じで?、改善の効果が顕著に見られた。
Teach to Learn.
人前で話させることは社員にも効果的なので、ぜひお試しください。

人間が持っている10の知能

前述した内容をどう自分の中で消化すればいいのか疑問だったとき、ハーバード大学ハワード・ガードナー博士の多重知能のことを知った。博士によると、人間には、少なくとも10の知能があるという考え方だ。IQ(知能指数)は、一つの指標で測ろうとしても、それだけで人間の知能として測れたことにならないというのである。それは、多重知能(Multiple Intelligences=MI理論)と呼ばれる。

このような理論は、私のような才なき凡人にとって非常にうれしいかぎりだ。

ガードナー博士の IQ に対する考え方

  • IQ は画一主義。言語的スキルや数学的スキルに重きを置いている。たった一回のテストによって重要な決定がなされてしまうことは問題であるし、このようなテストを想定した教育は就学前のこどもには不適切であることが多くの研究で示されている。
  • IQ テストは、学校での成功をかなり正解に予想することができるが、学校を終えた後の職業における成否はほとんど無関係なものにすぎない。
  • IQ とは異なる「知能とは何か?」の考え方をする必要がある。


引用元:S+F研究所:人間が持っている10の知能の図

ガードナー博士はこうも語っている。

「音楽的知能は音楽家だけに必要だ」というように知能と職業が一対一に対応しているわけではなく、それぞれの知能は単独ではなく、複合して働くのだということ。例えば、音楽家は、演奏だけでなく他人の動機を理解する対人的知能や表現力も必要だし、建築家には、空間的知能、論理数学的知能も必要なのだ。
知能検査や学校の学力テストで測れるのは、せいぜい言語的知能や論理数学的知能くらいに限定される」

このことで腑に落ちた。
テストで結果を出せる人の能力は、せいぜい2つの知能で、頭がさほど良くないといわれてきた私のような人間は、あと8つの知能を合わせもっていることになる。
なんて素晴らしいことなのだろう。可能性が広がった。

知能よりも大切なもの

人間にとって大事なことは、能力のもっと根底にある。

思いやりや優しさ、愛や慈悲などと呼ばれている母性である。母性の上にこそ、秩序や能力があるべきはずなのに、現代社会の組織では、それが芽生えていないように想う。

本来のリーダーとは、映画などで、村や集落に登場してくる長老という存在に近いのではないだろうか。住人から尊敬され、洞察力があり、考え方も深い。「損得」だけでなく、「尊徳」を持って判断する。あくまでもテレビの中の役柄だが、そこにヒントがある。

現代では、10の知能の中で、言語的知能、数学的/論理的知能が高い人が優秀と言われる社会になってるし、そういう人たちが国や大企業の運営を決める立ち位置にいることができる仕組み、社会環境になっている。

・だからと言って、霊的知能や精神性が高いとは限りらない
・宇宙の深奥に自らを位置付ける能力が高いとは限らない
・母性が発達しているとは限らない

それが問題なのだ。

もしも、あなたが劣等感をもっているとして大丈夫だ。
人間には10の知能があるからだし、決して数値には表せない人間性、精神性なども加わって、「あなた」を形成しているからである。磨くところはたくさんあるのだ。

詳しくはこちらのサイトに寄稿しているのでお時間があればご覧ください↓
人間が持っている10の知能-のび太から学ぶ最も大切な知能とは-