あなたの目標を達成するための脳の使い方(アウトカム)

目標を立て達成するための最もオーソドックスでよく使われている方法が「アウトカム」と呼ばれるものです。NLP心理学でも頻繁に使用されるものになりとても重要なものとして認識されています。あなたの目標をより明確に達成するためにも覚えておいて欲しいアウトカムについて詳しく解説していきます。

1、NLP心理学のアウトカムとは

まずアウトカムとは一般的に「結果」「成果」という意味を持つ言葉です。NLP心理学でも同様のものとして考えられていますが、加えて目標に対しての望んでいる姿だったりゴールや希望の状態をアウトカムと表現することがあります。

NLP心理学のアウトカムは、「WANT」のような意味合いを持つものになり、「~したい」などのポジティブな意味合いのものとして使用されます。またNLP心理学では立っている視点が「すでに叶っているであろう未来を描く」が基本です。

例えばもし叶っている未来があるとしてそこではどんな世界が広がっていて、どんな感情を持った自分がいるのかを想像します。未来を想像したうえでそれを実現するための方法を考えていくものです。

アウトカムというと医療現場などで使われることが多いのですが、NLP心理学では少し違った意味合いを持っているものなので多少の違いがあるのは認識しておく必要があります。

2、アウトカムは脳と心を味方にするスキル

あなたもどこかで“明確な目標があると成功する”といった言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。なにか達成するためにも目標は必要なことですが、実際には達成している人はほんの一握りにしか過ぎません。

そもそも目標を設定することでどんなメリットがあるのかを説明します。まず、1つ目のメリットとして目標を達成することによって必要な情報に敏感になり必要な行動が自然と取れるようになります。目標を達成すると脳のRASと呼ばれる機能が活性化されます。

RASは情報のフィルターのようなもので、目標に対して必要な情報を効率的に収集できる機能です。目標を達成するために重要だと思った情報を他のものより優先させて、意識の上位に表示させてくれるのです。
また心理的な側面でいえば、目標が明確なものであればどんなに困難な状況にいてもゴールを目指せるはずです。

では逆に目標を設定していないとどんなデメリットがあるのかについてですが、できれば関わりたくないこと、避けたいことばかりが頭の中に入ってきてしまいます。関心があるものが良いこと、悪いことに関わらず思考や行動に影響を与えてしまいます。

3、アウトカムを実現するための目標設定とは?

アウトカムを実現するためにはどうしたらいいのか、その目標設定についてですが「紙に書いて何度も読み上げる」方法をおすすめします。設定した目標を脳に叩き込むことによって実際に実現する、クリアするなど強い信念を持つことが大切です。

実際に目標を実現した人の多くは、起きている時間は常に疑問を投げかけながら「どうしたらいいのか」を考えています。この体験を繰り返していくことによって設定すれば実現できると、とてもシンプルで効率的な思い込みを作ることができます。

また目標を達成するために、まずは自分がどんな状況に置かれているのか現状を把握すること、目標と現実のギャップを埋めていき達成するようにしましょう。目標を達成するための意味や意義を見出すことも、目標達成のスピードを高めることに繋がります。

アウトカムをより具体的に実現する為のステップ

  1. 肯定的な言葉の表現を心掛ける、否定的な表現は使わない
  2. 自分が働きかけることで実現できる目標にする
  3. 5W1Hdeより具体的な目標を立てる
  4. 周囲との環境のバランスを意識する(得られるもの失うものを明確に)
  5. 目標を達成するための資源を確認する
  6. 目標を阻害するものにはどんなものがあるのか
  7. 小さな目標を積み上げてステップアップしていく

目標を立てること=あなたの理想とするシナリオでもあります。ゴールを目指すためにも目標をできるだけ明確にすること、具体的な行動を意識できるようにしていきましょう。

4、まとめ

アウトカムについて説明しましたが、理想を現実にするためにもなりたい自分をイメージして目標を達成するためのスキルを高めることが大切です。