NLP心理学でセルフイメージを構築! なりたい理想の自分を実現しよう

NLP心理学を学び、仕事やビジネスの場で活かしたいと考えてる人もいると思います。営業職についている人や、接客業で人と接する機会の多い人など、どんなに経験を積んでいても「こんなときどうしたらいいんだろう」と悩むこともあります。
NLP心理学を仕事やビジネスで使うとはどういうことなのでしょうか。

1、NLP心理学はどうやってビジネスに活かせるの?

私達はこの世に生を受け今に至るまで、さまざまな経験や体験をしています。そのなかで意味付けを行い“自分の思い込み”を作ってしまっています。これが記憶となりあなたに定着しているのです。この思い込みがあなたにとってプラスになる面もあれば、なかにはマイナスに働いてしまうこともあります。

仕事やビジネスの世界では「頑張っても誰もわかってくれない」「正当な評価を得られていない」とマイナスの考え方を持ってしまい、これが知らずしらずのうちに影響してしまっていることもあります。人間は一定の年齢になるとこれがパターン化されてしまいます。これをプログラミングといいますが、NLP心理学ではこれを再プログラミングすることができるのです。

2、NLP心理学でなりたいセルフイメージを構築する

例えば何に対しても自信が持てないと話す人もいると思います。会社でプレゼンをしたり自分の意見を述べるのが苦手な人もいますし、そもそも自分は仕事ができない使えない人間なんだと思い込んでしまっている人もいます。

これらのセルフイメージがあなたの人生に大きな影響を与えてしまうことがあり、自分で成長を止めてしまっているのです。人生が豊かで充実している人というのは、自分に自信がありセルフイメージに成功している人です。

また経営者など人の上に立つ立場にいる人でも、決断や判断をしていくことに対して強い不安を感じてしまったり強い孤独感を感じることもあります。自分がどんなことに悩んでいて、明確にしたい、知りたいと思っているのか考えるきっかけにもなり、信頼関係を築く鍵であるのが理解できるようになります。

3、まとめ

NLP心理学を使えば誰にも相談できない仕事やビジネスの悩み、不安や葛藤の解消にも繋がります。でも具体的にどんなことをしたらいいのかわからず戸惑ってしまう人もいるのではないでしょうか。

ビジネスでは人間関係が大切で、出会いや縁があってこそ成り立つもの。今までの仕事に対しての考え方を変えることで、仕事をもっと効率的に効果を高めることに繋がると思います。