NLP心理学は人間関係が上手くいかずに悩んでいる人に!

職場や家族・友人・恋人など人間関係で悩んでいる人が多く、コミュニケーションのとり方がもっと上手くできれば人間関係が円滑にいくのに…と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。NLP心理学にはコミュニケーション力を高める効果があるといわれています。

1、NLP心理学がコミュニケーション力を高めるってどういうこと?

NLP心理学で実現できるコミュニケーションには人間関係や信頼関係の構築法を学ぶ「他社とのコミュニケーション」や、自分の内面の整理や人生の方向性を探求する「自分とのコミュニケーション」があります。

これらは人生経験から学ぶことが多いのですが、NLP心理学の理論や技術を学ぶことで、人間関係が円滑になったと感じている人もいます。自分の想いや考え方、メッセージをどうやって伝えたらいいのかわからずに表現できない人もいます。

また、人生はとても長いので時折どうにもならないほどの挫折や上手くいかないことも出てきます。今の心理状態を知り、将来のビジョンを考えるきっかけにしたり生き方を考えるときの基本を学べるのが、NLP心理学です。

2、NLP心理学のラポールスキルとは?

NLP心理学の一つに「ラポール」と呼ばれるものがあります。コミュニケーションに優れている人達は、短時間でこのラポールスキルを形成させるプロでもあります。相手の警戒心を取ったり、一緒にいて安心感を与え信頼関係を築いていくものです。

コミュニケーションが上手な人はこのラポールスキルが自然とできています。あくまでも一方通行ではなく、相手の心を広げ準備をしてから会話を始めます。

3、ラボールスキルを形成する方法は?

ラポールスキルを形成する方法ですが、基本的には相手に合わせていくこと。例えば話し方一つでも、スピードやリズムを相手に合わせたち、雰囲気を合わせるだけでも安心感や信頼感を得られるようになります。

呼吸のリズムを合わせ、表情や顎などどれも地味なものですが、同じであることに安心感を感じたり自分と似ている人に対して親近感を感じます。話し始めたばかりのときは、とにかく相手に合わせていくことが大切です。

4、まとめ

NLP心理学にあるラポールスキルを身につけると、無理なく相手との距離を縮めて心を開くことができます。無意識レベルでの深い信頼関係になりますので、コミュニケーションを上達させたいと思っている人は、意識的にラポールスキルを身につけるのをおすすめします。